こちらでは包茎手術や・性病について詳しくお知らせします。

包茎手術を行おうとしている病院のイメージ

包茎の種類を知る

包茎は陰茎の長さと包皮のバランスの関係で、亀頭が包皮に覆われてまったく露出しないか不十分にしか露出しない状態のことをいいます。
包茎は男性にとっては避けたいもの、解消すべきものという風潮が強いですが、ただ、包茎ならばすべて治療しなければならないというものでもありません。
まずは正しく包茎の種類を知ることで、治療すべきかどうかを検討する必要があります。

一般に包茎は、真性包茎・仮性包茎・カントン包茎の3種類に分けられます。
このうち真性包茎は、通常時・勃起時のいずれにおいても亀頭が包皮に覆われ、まったく露出しないものを指します。
無理に露出させようとする痛みを感じたり裂傷を負ったりすることがあります。
次に仮性包茎は、通常時は亀頭が包皮に覆われているが、勃起時には自然に露出するもの、もしくは手で剥けば簡単に露出するものを指します。
最後のカントン包茎は、露出させようとすればできないことはないが、包皮口が狭いために亀頭にひっかかってしまい、元に戻らなくなるものを指します。
そのままにしておくと血行が止まって腫れあがったりするおそれがあります。

この3つのうち、治療が必要なのは真性包茎とカントン包茎の2つです。
仮性包茎はそのままでも特に問題はありません。
ただし包皮と亀頭の間に垢がたまってイヤなニオイがする、感染症にならないか不安であるといった場合は医師に相談してみるのが賢明です。