こちらでは包茎手術や・性病について詳しくお知らせします。

包茎手術を行おうとしている病院のイメージ

包茎や性病にならないためには

「包茎や性病にならないためには」を考察する上でまず包茎に関しては、男性で思春期の頃、必ず1度は「自分は包茎なのだろうか」「自分は大丈夫なのだろうか」等と思い悩む経験を誰もがしているかと思います。
特に日本人男性は海外に比べると包茎(仮性包茎)の患者が多いと言われています。
その理由は、多種ありますが、中でも幼少期のケア方法の比較が言われています。
海外では乳児から幼児の男の子に対して、おむつ交換やお風呂のタイミング等で、おちんちんの皮を剥く行為を日常的に行います。
亀頭を露出させて清潔を保ち、洗ってあげます。
これは亀頭と皮との癒着を防ぐ効果もあります。
国内では日常的では無かった行為でしたが、近年では小児科などでお母さんに対して「むきむき体操」として奨励されています。
包茎は亀頭に垢が溜まりやすく不潔になりやすい傾向があり、そのため性病になりやすいと言われています。
性病の定義は一般には細菌やウィルス等を原因としたもの、性交によって感染したものを呼びます。

性病などにならないように体を清潔にしている男性

性病を防ぐ最大の方法は「性交渉を行わない」事です。
ただそれは非現実的な方法となるため、現実的には出来る限り特定のパートナーと清潔かつ安全な方法で行う事が大切になります。