こちらでは包茎手術や・性病について詳しくお知らせします。

包茎手術を行おうとしている病院のイメージ

口の中のトラブルや血尿時にクラビットが処方されます

口の中のいろいろな病気のトラブル

クラビットは、細菌の増殖に必要なタンパク質のもととなる物質の生成を阻害することにより、細菌を死滅させる作用がある、合成抗生剤のひつとです。従来の製品に比べて、抗菌力が強く使用範囲も拡大されています。
クラビットは、口、耳、歯、鼻、などの感染症や、婦人科系、皮膚系の感染症など幅広く処方されるお薬です。口の中のトラブルとしては咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎など、耳鼻では、中耳炎、副鼻腔炎、呼吸器では気管支炎や肺炎などがあります。婦人科系では子宮内感染や子宮付属器炎、膀胱炎などにもよく処方されます。そのほか、クラミジア治療にも用いられます。
一般的に知られた薬ですから、インターネット上には個人輸入の情報がたくさんあります。しかし、副作用がないわけではありませんし、服用禁忌の場合もありますから、用法・用量は医師の指示に従いましょう。副作用は、発疹、下痢、胃部不快感、眠気などあります。特に持病・アレルギーにより副作用がおこったり、妊娠・授乳期間が必要です。また、クラビットは15歳以下の小児への安全性及び、妊婦への安全性が確立されていません。個人での判断はとても危険です。
病名についても専門医の診察を受けずに個人で判断するのはやめましょう。特に口の中や、鼻などの症状は「どうせ風邪だろう、傷みさえ我慢すれば」と軽視しがちです。正しい診断を受け服用しないと、かえって長引くことになるでしょう。
また、膀胱炎の処方にもクラビットは使われますが、血尿が出たからといって膀胱炎とは限りません。血尿には尿管結石や尿路結石の可能性もありますし、膀胱癌や前立腺癌などの深刻な病気を見逃してしまう可能性があります。血尿原因について、正しい診断を受け上で、クラビットの服用をしてください。他の常用薬との飲み合わせも必ず医師に確認してください。