こちらでは包茎手術や・性病について詳しくお知らせします。

包茎手術を行おうとしている病院のイメージ

性病の細菌感染症治療にクラビットと感染リスク

抗生物質としてニューキノロン系に分類されるクラビットは広範囲の細菌感染症に対して有効であり、その副作用の少なさもあって広く用いられるようになっています。性病治療においては特に高い認識を得ている抗生物質の一つであり、性器クラミジア感染症や淋病の治療において汎用されるようになりました。性病治療においては自分が性病を持っていることを知られたくないと考える人も多く、病気さえ特定できてしまえば個人輸入で薬を手に入れて治療を行うという人も少なくありません。クラビットはそういった際に注目されやすい抗生物質となっています。男性がかかりやすく、しばしば素人目には区別をつけにくい性器クラミジア感染症と淋病とを治療できるのがクラビットであるため、もし判断に迷ってもクラビットを手に入れれば治療ができると期待されるからです。細菌感染症の場合には抗生物質を正しく使用すれば治療を行うのは比較的容易ですが、他の感染症の場合には難しい場合も少なくありません。肝炎は性病としても知られているものであり、A型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスのいずれもが性行為を通して感染するリスクがあります。その治療法は必ずしも有効であるものが確立されているわけではなく、肝炎の症状を抑えていくことで肝臓を守っていくということを再優先せざるを得ないというのが一般的です。こういったウイルスにも同時に感染してしまう可能性があるのが性病であることは認識が必要でしょう。肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、自覚症状が出る頃には肝臓がひどく弱ってしまっている状況になってしまっています。重篤な状況を生み出さないためにも自己治療を行う場合には他の性病の検査も行っておくことを忘れてはなりません。